人事データプライバシー

プライバシーステートメント — 従業員データ

このプライバシーステートメント(「本ステートメント」)は、従業員に関する個人データの収集および使用、送信について、Liventの一般的なガイドラインを示すものです。本ステートメントは各国のプライバシー規則によって補完されることがあり、ここに記載された原則と各国のプライバシー規則の間に矛盾がある場合は、各国のプライバシー規則が適用されます。

対象範囲

このプライバシーステートメントの目的において「個人データ」とは、Livent Corporationの従業員、またはLivent関連会社もしくは子会社の従業員に関し、個人を特定しうる情報を意味します。個人データにはたとえば、採用日、生年月日、開始/終了日、役職名、給与・福利厚生情報、会社支給のデバイスを通じて各種アカウントから収集された情報など(単独で、または複数を組み合わせることによって個人を特定しうる場合)が含まれますが、これらに限定されません。本ステートメントは、Liventとその関連会社および子会社の従業員から取得された個人データに適用され、米国外で収集され米国に送信されうるデータに特に重点を置いています。このプライバシーステートメントは、Liventが従業員に関して収集または作成した集合的な情報には適用されません。集合的な情報とは、特定の国で働く人員の数、人口統計学的情報などの統計や、個人を具体的に特定しないその他のあらゆる情報を意味します。

個人データの収集および使用に関する通知

Liventは、雇用期間中およびその前後に生じるさまざまな事項の管理・統括に関連して、個人データを作成および受領します。Liventは、事業の運営、従業員の能力開発、情報技術、事務処理などを目的とする場合、ならびに訴訟もしくは行政手続きに伴ってまたは適用される法律によってLiventおよび第三者の利益を守るために義務付けられている場合、あるいは法律で義務付けられた適切な通知を行った場合に個人データを使用します。Liventは、雇用または、Liventの給与および福利厚生、人事プログラムの管理に関連する目的で、従業員に関する情報を第三者に提供することがあります。Liventはたとえば、自社が採用した給与・福利厚生コンサルタントや、社内外の監査人、法務または税務の専門家に個人データを開示することがあります。なお、Liventが従業員の個人データを賃貸または販売したり、リースに出すことはありません。

選択肢

法律で義務付けられている場合、Liventは従業員に対し、各自の個人データの収集および使用、開示を拒否するオプトアウトの機会を提供します。Liventは原則として、従業員に関する秘匿情報(医療または健康状態、人種または民族、政治的見解、宗教または哲学的信念などを示す個人情報)を使用したり第三者に開示することはありません(ただし、法律によって義務付けられている場合、またはその他の形で許可されている場合を除きます)。

データセキュリティ

Liventは、紛失および悪用、不正なアクセスまたは開示、変更、破棄から個人データを保護するため、合理的な措置を講じます。これらの措置には、適切なポリシーや慣行の指導および周知徹底、建物やシステム、ファイルのアクセス制限および監視、ファイアウォールなどの適切な技術的措置の採用、パスワードおよび認証情報の保護、個人データへのアクセスに対する許可の義務付け(職務内容または明確な業務上の目的による必要性を基準とする)などが含まれますが、これらに限定されません。Liventは、合理的に見て必要と思われる期間にわたり、個人データを保存します。これは場合により、個人の雇用または職務の期間を超えることがあります

送信

米国外にあるLivent組織は、本規則に準拠した目的で、個人データを収集した国から米国にあるLivent本社に送信することがあります。また、Liventは、個人データをホストするクラウドプロバイダーなどの第三者サービスプロバイダーを使用することがあります。個人データを保存するサーバー(その運用はLiventが行う場合と、系列外の第三者が行う場合がある)の多くは、米国内で管理されています。したがって、Liventとその関連会社および子会社の従業員の個人データは、米国に輸出されたり、米国内で保存・処理されることがあります。米国内に保存されている個人データは、米国の裁判所または法執行当局から法律に基づいた何らかの要請を受けることがあります。

データの整合性

Liventは、収集の目的、または個人もしくは適用される法律によって後に許可された目的に沿った方法で、個人データを処理します。これらの目的において必要な範囲で、Liventは、個人データが正確かつ完全、最新であり、意図された用途に関して信頼できるものであるよう徹底するための合理的な措置を講じます。

アクセス

Liventは、提供された個人データに対する合理的なアクセスを当該個人に提供します。また、Liventは、人事サービスセンター(Human Resources Service Center)に連絡することにより個人データを適宜確認および修正する権限を付与します。

問い合わせ先

Liventによる個人データの使用について苦情が申し立てられた場合、Liventはいかなる争議をも調査し、その解決に努めます。このプライバシーステートメントまたは従業員や請負業者の個人データの取り扱いについて質問や懸念がある場合は、下記、人事サービスセンター(Human Resources Service Center)までご連絡ください

 

Livent Human Resources Department

2929 Walnut Street

Philadelphia PA, 19104

LiventHR@Livent.com

 

争議が解決されない場合、当事者個人には、各地の法律に従って何らかの権利が付与されることがあります。欧州連合においては、Liventはヨーロッパのデータ保護当局の争議解決手順に従います。

改定

このプライバシーステートメントは、随時改定される可能性があります。