資源管理

環境保護に対して責任を負うことは、事業の必須要素です。

当社は包括的なシステムを活用し、水流や化学物質の輸送、塩分濃度などの環境パラメーターを管理・記録することで環境保護に尽力しています。

世界各地の生産施設

すべてのスタート地点となるのは南米。世界の全リチウム資源の50パーセントを産出する「リチウムトライアングル」地帯の生産施設群です。当社は、アルゼンチンのアンデス山脈、海抜4200メートルの高地に拠点を構え、オンブレ・ムエルト塩湖からリチウム生産用の塩水を汲み出しています。v

環境保護に対して責任を負うことは、この塩湖での業務に不可欠な要素です。当社は包括的なシステムを活用し、水流や化学物質の輸送、塩分濃度などの環境パラメーターを管理・記録することで環境保護に尽力しています。目下アルゼンチンでの事業を拡大しつつあり、そのプロセスのどの段階においてもエコシステムに悪影響を及ぼさないよう徹底しています。

生産業務には現在、トラピチェの帯水層から得た水を使用していますが、同地域の資源を責任もって保護するため、この事業拡大に際しては第2の水源としてロスパトス川を活用する予定です。また、サステナブルな利用を徹底するため、両水源には、水位や回復速度、水質を監視できる観測井を設置しました。

エネルギー利用や、温室効果ガス(GHG)の排出、水利用、廃棄物処理は、製造業が及ぼす重大な影響の代表例です。この数年間における企業としての成長に伴い、Liventは生産能力の拡大に注力すると同時に、環境への影響および資源消費量を低減する取り組みにおいても大きな進歩を遂げてきました。

全世界におけるエネルギー使用量

当社の製造施設はエネルギー効率の向上に真摯に取り組み、生産量を21パーセント増加させた傍らで、エネルギーの絶対使用量は2パーセントしか増やしていません。つまり、2013年を基準年としてエネルギー強度を16パーセント低減したことになります。

Image

全世界における温室効果ガス排出量

エネルギー効率の大幅な向上と、Minera del Altiplanoにおける天然ガスの利用により、アルゼンチンのの当社拠点は2013年を基準年として、温室効果ガス(GHG)の絶対排出量の2パーセント削減と、GHG強度の19パーセント低減を達成しました。

Image

全世界の高リスク地域における水使用量

貴重な水資源を責任もって保護する取り組みの一環として、高リスク地域における水使用強度を2013年比で13パーセント低減しました。工程管理および処理方法を改善して水の使用量を削減することも、当社の責任の一部です。

Image

全世界における廃棄物量

Liventは常に、廃棄物の量を最小限に抑えるよう尽力し、副生成物を極力活用できるようにする方法を模索しています。これにより、2013年を基準として廃棄物の絶対量を4パーセント削減し、廃棄物強度を20パーセント低減しました。

Image